沿革

沿革

昭和56年11月
登別市新川町4丁目32番地10に防水工事業として個人開業で創業。
昭和58年12月コンクリート構造物の補修工法(通称VS工法)で特許出願。
ひび割れ注入の際に注入材による流動抵抗やひび割れ内部の空気圧縮などによる空気抵抗によって充填が難しかったが、ひび割れ内部の空気を吸引し抵抗を極力抑え低圧で細部にまで注入を可能にした工法で出願。
昭和60年5月
法人組織化 株式会社東亜・ソロ・リフォームとして開業。
昭和60年10月日鐵セメント株式会社(現在は日鉄セメント株式会社)のハイスタッフ技術指導店となる。
昭和61年4月北海道ソロ・リフォーム工業会を設立。
昭和62年7月コンクリート構造物の補修工法(通称VS工法)が公開特許。
平成元年1月札幌市白石区北郷4条7丁目5番3号に札幌営業所を設立。
平成3年7月本社を登別市幌別町6丁目5番地1に移転。
平成11年4月室蘭市寿町3丁目5番地2に室蘭営業所を設立。
平成11年10月一般社団法人 繊維補修補強協会に入会。
平成24年2月一般社団法人 PCM工法協会に入会。
平成24年4月札幌営業所から札幌支社へ昇格。
平成24年8月塩害対策工法研究会に入会。
平成26年4月一般社団法人 IPH工法協会に入会。
令和3年6月登別本社が本店となり、札幌支社が本社となる。
札幌市白石区米里3条1丁目5番8号に本社を移転。